初心者向けホームページ作成講座
フリーソフトでホームページを作ろう!
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
t-1.png(323 byte)

ホームページ作成前の準備

(更新日 08/11/16)

 ホームページの制作作業に入る前にやっておく事を3つ。まずどんな内容のホームページを作るか。次に自分のキャラクター設定。最後にレイアウトも含めたデザインの構想。この3つは先に構想を纏めておかないと、ページごとに内容やデザインが変わって閲覧者が困惑する原因になります。後回しにしてしまいがちですが、先にやっておくとスムーズに作業を進めていく事ができます。

ホームページの内容を決めよう

 どんな内容のホームページを作るかは最も重要な部分になります。これが曖昧で適当だと途中で行き詰まって更新が続きません。また、テーマにする内容においても、どこからどこまでといった具体的な範囲を絞っておく事が理想です。例えば釣りをテーマに作るなら川釣りなのか海釣りなのか、仕掛けやポイントの掲載まで行うか、写真を中心に掲載するか文章を中心にするか等々・・・。

 よくありがちなのは大雑把でテーマを絞っていない為、スカスカの内容のまま途中で更新を放置してしまっている事です。あまりにテーマが広範囲過ぎると、いつまでたっても完成が見えない為、制作者側からすれば更新が苦痛になり、閲覧者側からすれば内容の薄いホームページに見えてしまいます。まず最初は可能な限り内容の範囲を絞って、構想を立てて下さい。

自分のキャラクター設定

 これって意外に重要だったりします(^^; 素のままが一番理想的ですが、閲覧者を意識するなら敬語で丁寧に文章を書くのが無難でしょう。私の経験上、独自のキャラクターを持った文章の方が魅力的に見えますが、上から目線などのキャラクターは多くの敵を作るかもしれません。キャラ設定を行う場合は、一人称を「私」「僕」「オイラ」「アタイ」など、あらかじめ決めておくといいでしょう。

 あまりお勧めしないのが自虐的文章。よく見かけるのが「このサイトは自己満足の為に作った・・・」「見ても大した内容はありません・・・」「内容の薄いサイトですが・・・」。本人は謙遜のつもりで書いているかもしれませんが、閲覧者にしてみれば「だったら公開しなければいいのに」と思ってしまいます。例え内容が乏しくても、そんな事を自分から書く必要はないのです。

レイアウトも含めたデザインの構想

 ホームページのデザインは非常に重要に思われるかもしれませんが、実は作成者側が思っている程、重要な要素ではありません。特殊な例を除き、閲覧者はホームページの情報を見に来るのであってデザインを観賞しに来る訳ではありません。特に個人運営のホームページであれば見易さや調べやすさを重視したデザインが好まれます。

 しかしどうせ作るなら個性を前面に出してカッコいいデザインのホームページを作りたいと思いますよね。それはそれでいいのですが、重要なのは各ページのデザインを統一する事。ページを移動する度に横幅や背景色が変わってしまうと閲覧しにくくなります。デザインを統一する事で、どこに何があるかが分かりやすくなり、閲覧者に多くのページを見せる効果も高まります。

広告
t-2.png(196 byte)