初心者向けホームページ作成講座
フリーソフトでホームページを作ろう!
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
t-1.png(323 byte)

拡張子の表示と基本技

(更新日 08/11/16)

 拡張子とはそのファイルの種類を示す文字列で、通常はピリオドで区切って末尾に3文字の英数字で付けられます(ファイルの種類によっては1〜4文字の場合もあり)。Windowsの初期設定では、拡張子が表示されないように設定されているので、表示するようにして下さい。拡張子の表示は、ホームページの作成はもちろんの事、パソコンを扱う上で必ず必要になります。

拡張子の表示

 ここではWindows Vistaを例に説明します。まずエクスプローラーを起動(適当なフォルダを実行)後、メニューの「整理」から「フォルダと検索のオプション」を選択。次に「表示」のタブをクリックして「登録されている拡張子を表示しない」のチェックを外します。

(例)ファイル名 「shasin」の場合、拡張子を表示すると「shasin.jpg」のようになります。jpgの部分が拡張子で、ファイルの種類ごとにこの部分は異なります。ファイル名を変える時に拡張子も変えるとファイルが使えなくなるので、注意して下さい(場合によっては、意図的に変える事もあります)。

コピー&ペーストを覚えよう

 上級者でもいちいち文章を打っていくのは大変な作業です。ホームページを作っていくなかでは、同じ文章を何度も使う事があると思います。そんな時はコピー&ペーストを使いましょう。操作はマウスの左ボタン(左クリック)を押したままで文章をなぞるように動かします。通常は文字の背景色が青くなりますので、コピーしたい所まで動かして放します。青で反転させた所で右ボタン(右クリック)を押してメニューを出し「コピー」を選択します。

 これでコピーした文章を貼り付けたい所へマウスカーソルをもっていき左クリックした後、右クリックでメニューを出して「貼り付け」を選択すればコピー&ペーストができます。コピー以外にも「切り取り」があり、切り取りを選んだ場合は、切り取った部分の文章が消えます。

広告
t-2.png(196 byte)