初心者向けホームページ作成講座
フリーソフトでホームページを作ろう!
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
t-1.png(323 byte)

便利なインラインフレーム

(更新日 08/11/25)

 このページではフレームページの作成で書ききれなかったインラインフレームについて説明していきます。インラインフレームとはページの中に別のページを表示する仕組みで縦に長いページなどもスクロールバー付きで表示する事ができます。あらかじめサイトの更新履歴や各ページのメニューなどを作っておき特定の大きさでインラインフレーム内に表示させれば、ちょっとしたナビゲーションとしても利用できる便利なタグです。

インラインフレームの挿入

 下は実際にインラインフレームを使った分かりやすいサンプルなんですが、サンプルをわざわざ掲載するまでもなく、当サイトではトップページを除き、右のメニューがインラインフレームになっています。ページにとけ込むようにスクロールバーや枠線は消していますが、新しく作ったページのメニューを追加したい時には表示させているメニューページだけを書き直すだけで済みます。

 この便利なインラインフレームのalphaEDITでの挿入方法は下記のようになります。

iframe-1.png(10093 byte)

 ページ内の任意の位置を指定しておき、メニューバーの「挿入」から「インラインフレーム」を選択します。「ソースファイルの場所」は表示させたいページを選択します。「名前」はインラインフレームではあまり使いませんが、半角英字で適当な名前を付けておくとリンクにターゲットを指定してインラインフレーム内に別のページを表示させる事もできます。また、枠線の有無や表示位置、サイズを指定する事ができます。

 インラインフレームの見た目はスタイルシートを使って設定する事も可能で、フレーム周りの枠線やスクロールバーの色などもお好みに応じて指定できます。インラインフレーム内にあるリンクはターゲットを指定していなければフレーム内でそのページを開いてしまうので、「target="_top"」や「 target="_blank"」の指定をお忘れなく。

ポイント

 インラインフレームで表示できるのは何も、自分のサイト内のページだけではありません。サイトアドレスを入力しておけばネット上の殆どのページを表示させる事ができます。但し許可をもらってもいないのに、他者のサイトを自分のサイトの一部のようにフレームで表示するのはマナー違反なので注意して下さい。

 インラインフレームの最も実用的な使い方は上の方でも書いたように、サイト全体のメニューや更新履歴などの表示だと思います。各ページごとをインラインフレーム内に表示するようなタイプのサイトをたまに拝見しますが、通常のフレームと同様にページのどこを表示してもアドレスは同じになるので、特定のページをお気に入りに入れてもそのページが表示できないなど閲覧者が困惑する事もあり避けた方がよろしいようです。

広告
t-2.png(196 byte)