初心者向けホームページ作成講座
フリーソフトでホームページを作ろう!
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
touka.gif(49 byte)
t-1.png(323 byte)

マーキーの使い道

(更新日 08/11/25)

 マーキーというのをご存知でしょうか?ここ最近のウェブサイトでは殆ど見る事がありませんが、何年か前の作ったばかりの個人サイトでは結構な頻度でマーキーを見る事ができました。マーキーとは文字や画像をページ上で動かす仕組みで、簡単なタグで挿入できる事もあって作られたばかりのウェブサイトのマーキー使用率はそれなりに高かったのです。

マーキーとは?

これがマーキー

 私がまだウェブサイトの仕組みを殆ど知らなかった頃、何かを動かすと言えばマーキーかアニメーションGIFしか知らなかった為、Flash広告などを見た時に「あれはマーキーとアニメーションGIFでやってるのかな?」と思ってました(^^; 

 現在のウェブサイトでマーキーを殆ど見なくなった理由は、当時の回線環境によっては重かった(読み込むのに時間がかかった)Flashの普及が関わっており、無料配布されているFlash素材を使えば部分的に動きのあるサイトを作る事も容易になった為だと思われます。

 また、マーキーは初心者が使う恥ずかしいタグのような存在に見られており、有効的な活用が殆どされていなかった事やページ上で文字や画像が動く事に不快感を感じる閲覧者が多かった事も廃れた理由の一つでしょう。

 さて、このマーキーが何に使えるかは別として、ページに挿入する方法は非常に簡単です。alphaEDITであればメニューバーの「挿入」から「マーキー」を選択。マーキーに使う文字や動く方向、スピードなどを設定できます。また、下のように直接タグを挿入する事で、より細かく動きを指定する事が可能です。

<marquee bgcolor="#ffffff" width="100%" height="30" direction="up" loop= "0" scroolamount="20" behavior="slide">これがマーキー</marquee>

 殆どのタグは見て分かると思うんですがマーキー独自のタグでは「direction」を「up」「down」「right」「left」で移動方向が指定でき、「loop」で繰り返す回数、「scroolamount」で移動距離、「 behavior」を「slide」で端で止まり「alternate」で交互に移動などがあります。

マーキーは使えない?

 回線環境が良くなってFlashの読み込みも苦にならない現在では、マーキーの役目は完全に終わったと言えます。というより、元々有効活用されていなかったのでFlashの普及に関わらず、不要な存在だったかもしれません。もしマーキーを有効活用されているサイトがあれば、是非教えて頂きたい。

 では最後に・・・

さようなら〜(^^)ノシ

広告
t-2.png(196 byte)